ルートローラーは脚がむくむ方にオススメの商品です!

ルートローラーは脚のむくみに悩んでいる方にオススメの商品です!
リンパだけでなく、経絡にも刺激を与える東京大学大学院卒研究員が
開発した脚のむくみ対策専用のローラーです。
ルートローラーの効果、いろんな情報をお伝えします。



ルートローラーの口コミや効果を見てみましょう!

Iさん 27歳 女性

仕事が立ち仕事なので昨年から太ももから足にかけて、
むくみが酷くなってきました。
靴のサイズは23.5cmなのですが、むくんでしまって25cmでないと
履けなくなってしまいました。

ジムに通って運動しているのですが、むくみが取れなく前より
酷くなってきました。

彼氏にもむくみの事を言われ、なんとかしなくてはと焦りました。
今年の夏に彼氏と海水浴に行く予定で、水着姿になって彼氏よりも
太い脚で並んで歩くなんて嫌です。

ネットでルートローラーを見つけ、購入してみました。
毎日5分のケアを続け、約1ヶ月で効果が出て、彼氏と並んで歩いても
恥ずかしくない脚になれました。
彼氏と3年ぶりに行く海水浴がとても楽しみです。

Yさん 54歳 女性

5年以上前から足のむくみがひどくパンパンになって歩くのも痛い状態でした。
趣味の旅行をしたいのですが、足のむくみがひどくなってからは旅行どころか、
家から最寄りの駅まで徒歩5分ですら足が痛くて途中で止まってしまう状態でした。

マッサージに通った事もありましたが、一時的に良くなるだけで
毎月マッサージ代が2万円以上、年間24万円以上もかかるので止めました。

で、娘がこのルートローラーをプレゼントしてくれ、使い始めました。
最近では歩くのがかなり楽になり、階段の上り下りも苦痛ではなくなりました。
嬉しいですね。

Tさん 76歳 男性

70歳過ぎてから段々むくみが酷くなり、身体の調子も何となく優れない日々が
続いていました。

最近ではむくみだけでなく、しびれも出てきました。
毎日の日課としている散歩では5分も歩いていないのに、
もう足を引きずっている状態になってしまい、そんな状態を孫に見られ
心配されました。

何か重大な病気では?と心配になり、病院に行きましたが特に異常なしの
診断でした。

そんな時、孫がルートローラーをネットで見つけプレゼントしてくれました。
以前は走ることはおろか足を引きずって歩いていたのですが、
むくみが引いて普通に歩けるようになりました。

Kさん 37歳 女性

これまでも脚のむくみを治すためにいろんな対策グッズを試してきました。
しかし、どれも効果がないか一時的に良くなるだけでした。

そんな中、一時的ではなく根本的に脚のむくみにアプローチできるという
このルートローラーを購入しました。
他社の製品にはない詳細な説明書と180日間のメール相談サポートのおかげで、
使い始めてから1ヶ月で明らかな効果が実感できました。

使い始めて3ヶ月経ちましたが、症状のぶり返しもありません。
今まで試してきたむくみ対策グッズは効果が一時的でしたが、
180日間メール相談サポートのおかげで効果が継続的で根本原因から
むくみにアプローチしているのがよく分かり感謝しています。

Sさん 29歳 女性

脚のむくみ対策はある程度の期間、継続して行わないと効果が出ない事は
分かっていても、なかなか継続することは難しいと思っていました。

ルートローラーの購入特典である180日間のメール相談サポートでは
動画を撮影して見てもらい、正しい使用方法をアドバイスして
もらった事もありました。

この時も大変丁寧で素早い返信がきた事が印象に残っています。
このような購入後の手厚いサポートがあったため、継続して使用することが
できています。

その結果、時間はかかりましたが使い始めて2ヶ月で効果が出始めてきました。
脚にむくみ対策を継続できるサポートがあるという点で非常に
安心できると思います。

*口コミは著作権の関係上、意味内容を変えずに文章表現を変えて掲載しています。

*いずれも使用者個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

>>詳細は公式サイトへどうぞ⇒【ルートローラー】<<

何故ルートローラーは効果が凄いのでしょう!

ルートローラーは脚のリンパ・経絡を正しい方法で効果的に刺激します。
ルートローラーに類似した他社商品は多く出回っていますが、
これは顔、腕など体のいろんな部位を刺激することを目的としたものが
ほとんどで、脚のむくみケアに特化したものはルートローラー以外には
ありません。

ルートローラーと他社の製品を比べてもらえば分かりますが、
ローラー部の大きさが全然ルートローラーの方が多きのが分かります。

皮膚との接触面積がルートローラーの方が大きので、
より大きく、深部まで皮膚を挟み込む事ができます。


当然、皮膚との接触面積が大きいので圧力が分散されるので、
皮膚を挟み上げても痛みはほとんどありません。
類似品の2倍以上の接触面積です。

そして深部まで皮膚を挟み上げて微弱電流を発生させることのより、
大きな力は必要なくリンパや経絡が走っている脚の深部まで
効果的に物理的・電気的な刺激を加える事が可能になりました。

経絡・リンパの知識が全然ない方、毎日忙しくてなかなか脚のむくみケアの
時間が取れない方がどうしたら毎日簡単に脚のむくみケアができるか、
詳しく書かれたマニュアルを用意してあります。

さらに、マニュアルの他に180日間のメール相談サポートも用意していますので、
安心して脚むくみケアに取り組む事ができます。

副作用の心配はありません!

ルートローラーは医療器具ではないのですが、傷口、かさぶた、炎症などの
部位にルートローラーを使用すると症状が悪化してしまう場合が
あるので注意が必要です。

ステンレスや真鍮などに対する金属アレルギーがあると、
肌トラブルを起こす場合があります。

もし、使用してトラブルが出たら医師の診察を受けた方が良いでしょう。

ルートローラーの使用方法は、脚の深部を通っているリンパ、ツボの経絡を
効果的に刺激するように動かす必要があるので、使用方法は
難しいのではと思うでしょうが、マニュアルがあるし、180日間の
個別メールサポートがあるので心配いりませんよ。

マニュアルを読んでも分からない事とか、疑問など回数の制限は
ありませんので気軽に問い合わせができます。

こんなすごい特徴があります!

・ルートローラーのローラーの部分にボールベアリングを搭載しました。
どの角度で当てても滑らかに回転する360°マルチアングル構造になっています。

リンパや経絡に的確に刺激を行き渡らせる事ができるように
Y字の角度とボールベアリングの丸み形を計算しました。
ここが他社の類似品と大きく形が違っています。

・毎日使う物だから、人間工学の基づくテストを重ねて、もっとも持ちやすく、
力の入れやすいグリップの形を実現しました。

毎日の継続使用するにあたり、心理的、物理的ストレスを
最小限にすることに成功しました。

・ルートローラーにはマイクロカレント(微弱電流)を発生させる
ソーラーパネルを搭載しています。

マイクロカレントは人間の細胞に流れているもので、マイクロカレントを
流すことで細胞が活性化され、リンパ管を通っているリンパの流れや、
経絡を通っている気血水の流れを促進します。

これによって、根本原因から効果的に脚のむくみに対してアプローチが
出来るようになりました。

・あなたの脚のむくみを解消するためにはルートローラーを正しい方法で
使用する必要があります。

ルートローラーは東洋医学と西洋医学の英知を詰め込んで、
誰でも毎日5分の使用で簡単にむくみケアが出来るように
説明書に使用方法を詳細に分かりやすく記載しました。

多く出回っている類似品には真似できないノウハウを詰め込んでいます。
使用方法が分からない方向けに当サイトから購入者限定で購入から
180日間の個別メール相談サポートが付いていますので、
安心して購入する事ができます。

ルートローラーをお得に購入する方法!

ルートローラーは楽天、アマゾンなどから購入するのではなく、
公式サイトから購入するのが正解です。

今ならキャンペーン中で通常価格 29,800円(税込)が 15,000円引きの
14,800円(税込)送料無料 で購入することができます。

・マニュアル
・180日間のメール相談サポート
・90日間返金保証(90日間お試し)

が付いています。

安心の180日間メール相談サポートとは、
脚のむくみの根本的原因は各種臓器の異常にありますが、
お客様の年齢・性別・体型等によって対処法が異なる場合があります。

お客様1人1人合った対処法をメールにてアドバイスすることで、
お客様の不安や疑問が解消し、根本原因からのむくみ解消につながると
考えています。

そこで、当社では公式サイトからの購入者限定で180日間のメール相談サポートを
特典として付けさせて頂いています。
脚のむくみに関してお悩みがあれば遠慮なくご相談ください。

購入から180日以内であれば年中無休で相談は受け付けています。
期間内であれば相談回数に制限はありません。
原則3営業日内で回答させていただきます。

安心の90日間返金保証キャンペーン実施中!

安心して納得して使っていただきたいから、ルートローラはの自信があるから
特別に返金保証をお付けしています。

まずは90日間お試しいただき、万一効果が出ないなどご満足いただけない場合は
ご返品いただけます。

>>詳細は公式サイトへどうぞ⇒【ルートローラー】<<

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする